会場

葬儀会場の決め方

人の死後には悲しむ時間もなく、やらなければならない事が沢山あります。
故人の希望が特別にある場合はまた異なりますが、大抵の場合には葬儀社を遺族で選び、葬儀社と遺族での相談の元、葬儀式場を選び決定します。

一昔前の日本では、各家庭で葬儀を行うというのが一般的な考えでしたが、現代では住宅の狭さや、近隣の方への配慮を考え、葬儀場や地域の公民館などの式場を借りる場合がほとんどとなりました。
ですから遺族が亡くなればまず遺体の搬送または安置をし、葬儀社の決定をし、通夜や葬儀を行う場所や日取りを自分達で決めなければなりません。

では葬儀場を決める際、何を重要視すれば良いのでしょうか?
それは各家庭の考え方やしきたりにより多少異なりますが、大まかには、どのような会場を借りたいのか?料金で比較して決めるのか?また、参列者を招きやすい立地を考慮するのか?
または火葬場の近く、敷地内の式場を選ぶのか?など、何を重要とするのかにより、式場の決定は変わってきます。

式場の手配を行ってくれる葬儀社のアドバイスの元、予約を取るわけですが、良心的な葬儀社であれば問題ないのですが、
中には自社の利益をあげるために自社の葬儀場や関連のある式場を進めてくる葬儀社も存在します。

しかし葬儀場はやはり遺族や、また故人の意思が残されていれば、それに沿って決めるべきものです。
「でもお葬式って何が正しいのかよく分からないし葬儀社の方にお任せしようかな。。」と葬儀社任せにしてしまわずに、出来る限り自分達の考えを実行するようにしましょう。
そうしなければ、自分達の想いと違って後悔したり、思わぬ料金を払わなくてはいけないことにもなり得ます。

また葬儀を行いたい式場が、予約したい日に必ずしも予約が取れるとは限っていませんので、何軒か候補リストをあげておくと葬儀場を決めやすいでしょう。
葬儀というのは本当に心身共に大変ですが、死者との別れをする大切な儀式ですので、後悔のないよう勉強しながら一つ一つ決めていきましょう。

Menu