会場

葬儀費用の相場

人は必ずいつかは死ぬ者ですが、葬儀に慣れている方はあまりいらっしゃらないと思います。
葬儀の準備もそうですが、葬儀にかかる費用も相場というものが分からないと言われているほど、皆さんマチマチです。

葬儀費用は、何人程度参列者を読んで、どんな式場を借りるのか?また祭壇はどのていどの物にするのか?などにより大幅に値段が変わってきます。

詳しい内訳は、祭壇約60万、式場使用料約10万、棺約8万、その他霊柩車使用料、送迎バス、枕飾り、安置料金など葬儀社へ支払うのは大体120万円程度が平均とされ、
その他参列者への振舞いの飲食料や香典返し、また寺院へのお布施、火葬料、搬送料などを含むと、全てでざっと200万円程度必要だと言われています。

しかし、葬儀の見積時には、大体がセットプランで進められ、葬儀社は、「お宅様の場合ですと、これくらいです。」という風に進めてきます。
相場やどの程度の用意をしたら良いのか分からず、「ではお任せします」と言ってしまい、最終的には予算の何倍にもふくれあがってしまった。
というケースは実は葬儀の場合多いのです。

華やかな結婚式とは違い、「故人様のため、故人様が悲しまないよう」などと葬儀社に進められると、断れなくなるのが葬儀の準備をしている者の心理です。
ですから予め、予算をある程度決めておいて、この範囲内で全て納まるようにしたいと伝えるのが良いかもしれません。

また見積書には含まれていない物が葬儀の場合、沢山ありますので、不明な事は分からないままにせず、「追加料金はいくらくらいかかりますか?」など聞いておく事をおすすめします。
また最近では故人が生前に希望を示すエンディングノートなどもありますから、その希望に沿って葬儀社やまた葬儀方法を選ぶのも良いでしょう。

葬儀は故人を送り出す大切な儀式です。
しかし苦しいほどの料金をかける必要はありません。
葬儀以外にも、墓石や墓地の使用料、仏壇購入費など色々お金が必要となります。

予め何がどの程度必要なのか?またいくらまでなら葬儀費用として出せるのか?をよく家族や親戚などと話合い、土壇場になって慌てて後悔をしないようにしましょう。
また残された者がこのように困らないためにも、遺言やエンディングノートなど終活を意識しておくことも、今の時代大事な事かもしれません。

Menu