会場

喪主が知っておくべきこと

家族が突然亡くなっても、悲しみに浸る間もなくやらなくてはならないことが沢山あります。
多くの場合は、病院から危篤の連絡が入り病院で亡くなるか、自宅で亡くなる場合がほとんどでしょう。

本当であれば大切なご家族を亡くした直後ですから、力が入らず何もしたくないかもしれませんが、必ず喪主を決めて、喪主が葬儀の進行やその後の法要の計画準備をしなければなりません。
喪主になるのに相応しい方は、故人の配偶者又は実子が望ましく、出来るだけ葬儀に知識があり、この状況でも冷静な判断が下せる方が良いとされます。

そして喪主が決定しましたら、通夜や葬儀場の会場を手配し、受付係りや会計係りなどを決め、葬儀社の方と喪主などで打合せをします。
また通夜が始まるまでに通夜ぶるまいの手配や、遺体の枕飾りなどすべての事に気をくばります。

とはいっても、喪主だけでは大変ですので近い親族の方や故人と親しい友人に御手伝いをお願いしてスムーズに葬儀が行えるようにします。
通夜が始まれば司会の方と進行を進め、挨拶や時間配分の調節をします。

また喪主からの挨拶もありますので、ある程度挨拶の内容も考えておきましょう。
通夜ぶるまいの時も挨拶を添えます。
そして葬式当日にも同じように挨拶をし、火葬場へ行く際には喪主が位牌を持ち、家族が遺影をもちながら霊柩車に乗ります。

そして葬儀が終われば、翌日か早めのうちに御手伝いをしてもらった方や親しい方、また近所の方に挨拶周りをします。
そしてその後の法要の準備を進めていきます。

特に四十九日にはまた、親族や親しい友人を集め法要を行いますので、会食の手配や、仏壇のお備え、また喪主からの簡単な挨拶も考えておきます。
法要の他にも、故人の遺品整理や財産分与、土地があればどうするのか?など喪主がリードして行います。
財産分与などの相続についてはこちらのサイトを参考にしてください。

家族の死を目の前にして本当に辛い時ですが、やらなくてはいけないことは山積みにあります。
大変ですが、喪主、喪家の立場になったら準備や参列者への心遣いをし、故人が安心して逝けるように葬儀や法要を進めていきましょう。

Menu