会場

会葬者のマナー

突然の葬儀に戸惑うことは大人でも結構あるものです。
やってはいけないタブーや、逆にしなくてはならないマナーが結婚式同様、葬儀の場合にもあります。
むしろ、人の命が亡くなっている悲しみの場ですから、デリケートな点も多く、結婚式よりも一層気をつけなければなりません。

しかし最近は葬儀に参列するマナーを知らない方も増えてきました。
昔に比べて比較的にマナーについてうるさく言われなくなったことが原因と言えますが、見る人が見れば分かりますし、マナー違反はとても失礼で恥ずかしい事ですから、
日頃からマナーの一つとして葬儀についても頭に入れておくと良いでしょう。

また通夜や葬儀に参列する前には少しマナーについて調べておくと安心です。
葬儀は宗派により作法や香典の書き方なども違います。
ですからまず不幸の知らせが入ったら、宗派を尋ねておくと良いでしょう。

それではまず会葬者の服装のマナーを説明します。
通夜の場合、黒っぽい物であれば平服でも構いません。
しかし最近では葬式に出れない方が通夜に参列するというのが一般的になり、通夜から喪服を着る事が増えてきました。

本来であれば、用意していた様なものは通夜にふさわしくないとされていましたが、こういった問題や、また正装をするのが当たり前という考え方から通夜にも喪服で参列する人が増加しました。
また平服でも地味な物であれば問題ありませんが、アクセサリーや髪型、化粧、香水などは控え、故人と遺族に失礼のないような装いで通夜に駆けつけましょう。

喪服の場合、男性は黒のスーツに白シャツ、黒ネクタイ、女性であれば黒のスーツもしくは、ワンピースに黒の小物、ストッキング、で薄化粧、
子供は、制服がある場合は制服、無ければ黒っぽい落ち着いた服装を心掛けるようにしましょう。

そして会場に入りましたら、遺族の方にお悔やみの挨拶をし、受付にて香典を渡し、記帳を済ませます。
香典の表書きも宗派により異なりますので事前に調べ、お金の入れ方や包み方に失礼がないように注意します。

また香典は結婚式とは逆に準備していないという心遣いで新札は使用してはなりません。
ですから間違っても新札を準備したりしないようにしましょう。
そして受付を済ませたら着順に参列します。

そして焼香をするのですが、こちらも祭壇の前まで行くのと、焼香がまわってくるのとでも作法は異なりますし、焼香の作法も宗派により多少異なりますので、出来るだけ、その宗派に合わせた焼香をするようにしましょう。
そして通夜ぶるまいに呼ばれたら断らずに頂き、お酒があったとしてもワイワイ盛り上がったり、話し込んだりしないようにしましょう。

また近年増えているマナー違反が、携帯の着信音の消し忘れです。
通夜や葬儀の途中でデカデカと電話が鳴り響くのは失礼極まりない事です。
会場に入ったら必ずマナーモードにするか電源をおとすようにしましょう。

会葬者のマナーは、どれをとっても故人と遺族に対する心遣いです。
そう難しく考えなくても、本来少し考えればわかる事が沢山あります。
少し気をつけるだけで誰でも出来ることですから、もし通夜や葬儀に参列する場合には、相手に失礼がなく、恥ずかしい思いをしないように注意するように心掛けましょう。

Menu