会場

喪主や身内の服装とマナー

通夜や葬儀のマナー、気になりますよね?
特に喪主を務める場合や、身内の式の場合、故人のためにもしっかりとしたマナーある服装で儀式に出たいものです。

最近ではあまりマナーにうるさく言われなくなったため、芸能人の真似をしたり、その場にふさわしくない格好で参列する人も珍しくありません。
しかし、いつの時代もマナーは存在しますし、TPOは存在します。
その点をしっかり踏まえた上で葬儀に出るべきです。

喪主や遺族は、通夜までは平服で問題ありませんが、通夜にはしっかりと喪服を着用します。
一昔前は着物を着る方も多くいらっしゃいましたが、ちゃんとした喪服であれば、男性であっても女性であっても、洋服で問題はありません。

また万が一バタバタしてしまい喪服が用意できないという場合には、葬儀社にレンタル用の喪服がありますから、通夜までにレンタルの手配を済ませ、必ず通夜には喪服で出るようにしましょう。
また着物を着用する場合は、葬儀社にて着付けや小物の貸し出しを行っている場合がほとんどですから、予め用意しておきましょう。

また気をつけないといけないのが、喪主や遺族より近い親族は格上の格好にならないように気をつけます。
例えば男性であれば、喪主が簡単な喪服に対してしっかりとモーニングスーツを着用するのは、一応マナー違反になります。
男性であれば、着物またはブラックスーツで黒のネクタイをします。
ネクタイピンや派手な時計、アクセサリーは外します。

女性であれば黒の着物、またはブラックフォーマルスーツ、ワンピースで、出来る限り化粧は薄く、結婚指輪以外にはアクセサリーはつけないようにします。(真珠のみ許されます。)
ストッキングも黒、靴や鞄もエナメルなどのテカりがない物を選び、ネイルや香水もつけないように気をつけましょう。

子供が参列する場合には、制服があれば、制服が正装になります。
ない場合には、黒やグレーなど目立たないフォーマルな服を選ぶようにしましょう。
また奇抜な髪の色や髪型もタブーです。
当日に染めなおすのは大変であっても、一時的にスプレーやマニキュアなどで黒髪にすることは可能ですし、髪をまとめることは難しくありません。

故人に恥をかかすようなことは決してないように気をつけましょう。
また自分が通夜や葬儀に参列する時もこれと同様にマナーを守り参列するようにしましょう。
またあまりに急な通夜の場合には、黒目の平服で構わない場合もあります。
これは死を待っていた、用意していたと感じさせないという思いやりの意味が込められています。

かといって、やはりあまりに普段着や派手な服はマナー違反ですから、きちんとした大人の対応が出来るように日頃からマナーについて勉強しておくと急な不幸があっても、しっかりと対応出来ると思います。
黒が多い場ですから、奇抜なものは黒色であっても目立ちます。
黒なら何でも良いわけではありませんので、しっかりとした服装で通夜、葬儀に参列するようにしましょう。
お葬式に参列する際のお香典の金額についてはこちらを参考にすると良いでしょう。

Menu