会場

葬儀の意味

葬儀とは、皆様も一度は参列し、悲しみを感じたり、故人との最期のお別れの場として利用した事があるかとは思います。
葬儀の意味とは実に様々な考え方があるとされており、日本では旧石器時代から死者を葬る儀式として行われていました。

葬儀とは、皆様も一度は参列し、悲しみを感じたり、故人との最期のお別れの場として利用した事があるかとは思います。
葬儀の意味とは実に様々な考え方があるとされており、日本では旧石器時代から死者を葬る儀式として行われていました。

我が国では、葬儀は悲しみの場と考えられることが多いように感じますが、他国では死者の新たな門出の祝いとして、盛大に明るく葬る場合もあるようです。
では日本における葬儀の意味合いですが、日本だけでも意味は様々です。

特に葬儀には宗教の概念が深く関係しており、故人の宗教感や、参列者の宗教感により多少意味合いが異なる場合もありますが、日本の大抵の場合、
葬儀は死者とのお別れを偲ぶ会とされ、死者を送りだすため、また残された者のために行われる儀式です。

また精神的な処理だけのためではなく、社会的処理として、誰が亡くなったのか?またどのように遺体を処理するのかという意味も含まれています。
葬儀の流れや方法は宗派により多少異なりますが、葬儀の前夜に「お通夜」がもうけられ、死者とのお別れ、また死者を魔物から守る魔除けの意味も込められています。
そのため、通夜の晩には、一日中誰かが遺体に付き添い、線香や灯りを灯し続け、死者の胸元に魔除けとして刀を置いておきます。

これも宗派や地域により方法がことなりますのでよく調べてから行うようにすると良いでしょう。
そして参列者はお清めの塩を盛るなどして死者の魂がついてしまわないようになどと考えられています。
葬儀当日には、火葬される事がほとんどですが、故人が好きであった物や長年愛用していた品物を棺に入れ、遺体と共に火葬するということが良く行われます。
これは死者へ対する想いと、あの世でも寂しくないようになどという意味が込められています。

また葬儀には死と生について考える場でもあります。
人は死を感じることは他人の死からしか学べないので、死とまた、遺体と直面することにより、死とはどういう事か?また、改めて生きることについて考えさせられる場ともなります。
葬儀というのは、どうしても悲しい場所に見られがちではありますが、人が生きた証しを残す場、またこれから生きる方へのメッセージを受けとる大切な場でもあります。

もし葬儀に参列する機会がございましたら、宗派をしっかりと調べ、その方へのお別れの挨拶は勿論、その方の思想や、これからの生きる道の意味を考えてみると良いでしょう。
命ある者はいずれ必ず滅びます。
その意味を知り、しっかりと故人を葬る場として儀式に参列しましょう。
我が国では、葬儀は悲しみの場と考えられることが多いように感じますが、他国では死者の新たな門出の祝いとして、盛大に明るく葬る場合もあるようです。
では日本における葬儀の意味合いですが、日本だけでも意味は様々です。

特に葬儀には宗教の概念が深く関係しており、故人の宗教感や、参列者の宗教感により多少意味合いが異なる場合もありますが、日本の大抵の場合、
葬儀は死者とのお別れを偲ぶ会とされ、死者を送りだすため、また残された者のために行われる儀式です。

また精神的な処理だけのためではなく、社会的処理として、誰が亡くなったのか?またどのように遺体を処理するのかという意味も含まれています。
葬儀の流れや方法は宗派により多少異なりますが、葬儀の前夜に「お通夜」がもうけられ、死者とのお別れ、また死者を魔物から守る魔除けの意味も込められています。
そのため、通夜の晩には、一日中誰かが遺体に付き添い、線香や灯りを灯し続け、死者の胸元に魔除けとして刀を置いておきます。

これも宗派や地域により方法がことなりますのでよく調べてから行うようにすると良いでしょう。
そして参列者はお清めの塩を盛るなどして死者の魂がついてしまわないようになどと考えられています。
葬儀当日には、火葬される事がほとんどですが、故人が好きであった物や長年愛用していた品物を棺に入れ、遺体と共に火葬するということが良く行われます。
これは死者へ対する想いと、あの世でも寂しくないようになどという意味が込められています。

また葬儀には死と生について考える場でもあります。
人は死を感じることは他人の死からしか学べないので、死とまた、遺体と直面することにより、死とはどういう事か?また、改めて生きることについて考えさせられる場ともなります。
葬儀というのは、どうしても悲しい場所に見られがちではありますが、人が生きた証しを残す場、またこれから生きる方へのメッセージを受けとる大切な場でもあります。

もし葬儀に参列する機会がございましたら、宗派をしっかりと調べ、その方へのお別れの挨拶は勿論、その方の思想や、これからの生きる道の意味を考えてみると良いでしょう。
命ある者はいずれ必ず滅びます。
その意味を知り、しっかりと故人を葬る場として儀式に参列しましょう。

Menu